mc media japan
2009/2/10 発表 スーパースポーツモデル用電子制御式"コンバインドABS”を搭載
     
 スーパースポーツモデル用に世界で初めて開発した電子制御式の前・後連動ブレーキシステムとABSの双方を電子制御化し、緻密にコントロールすることでブレーキング時の安心感を大幅に高めるシステムを搭載したCBR1000RRを発売する。
 
 「オール・ザ・ベスト・イン・スーパースポーツ」をキーワードに開発が進められたCBR1000RRは世界最高峰の二輪ロードレースMotoGPでの先端技術を採用し、斬新でスタイリッシュなデザインとして生まれ変わった。
 エンジン単体で2.5kgの軽量化に成功し、全体では5kgの重量低減を達成した。なた、従来から採用している電子制御燃料噴射装置プログラムド・デュアル・シーケンシャル・フューエルインジェクションシステム(PGM-DSFI)に加え、エキゾーストパイプとマフラー内に触媒装置(キャタライザー)を装備することで、平成19年国内二輪車排出ガス規制に適合させている。

メーカー希望価格(税込)
2009年2月17日(TUE)より発売
 スタンダードカラー   1,390,000円
 トリコロール      1,420,000円
 <ABS>         1.558.200円
CBR1000RR HRC トリコロール  CBR1000RR HRC トリコロール CBR1000RR グラファイトブラック CBR1000RR<ABS> パールセイレンブルー
   
CBR1000RR キャンディーグローリーレッド CBR1000RR キャンディーグローリーレッド CBR1000RR パールサンビームホワイト CBR1000RR パールサンビームホワイト
コンバインドABSシステム コンバインドシステム図2
通称名 CBR1000RR
車名・型式 ホンダ・EBL-PC59
全長×全幅×全高(m) 2.080×0.680×1.130
軸距(m) 1.415
最低地上高(m) 0.130
シート高(m) 0.820
車両重量(kg) 201
乗車定員(人) 2
燃料消費率(km/L) 24.5(60km/h定地走行テスト値)
最小回転半径(m) 3.3
エンジン型式・種類 SC59E・水冷4ストロークDOHC4気筒
総排気量(cm3 999
内径×行程(mm) 76.0×55.1
圧縮比 12.3
最高出力(kW[PS]/rpm) 87[118]/9,500
最大トルク(N・m[kg・m]/rpm) 95[9.7]/8,250
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(PGM-DSFI)
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式 バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量(L) 17
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 2.285
2 速 1.631
3 速 1.333
4 速 1.137
5 速 1.033
6 速 0.967
減速比(1次/2次) 1.717/2.562
キャスター角(度)/トレール量(mm) 23°30´/96
タイヤサイズ 120/70ZR17M/C(58W)
190/50ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク[電子制御式コンバインドABS]
油圧式ディスク[電子制御式コンバインドABS]
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(ユニットプロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド
メーカーURL
http://www.honda.co.jp/motor/


メーカー製品情報
http://www.honda.co.jp/motor-lineup/cbr1000rr/
MC media Japan Top